インプラントとは

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分のあごの骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンはインプラントの材料として最も安全であり、また骨と結合します。インプラントとあごの骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作る事ができます。入れ歯は、歯ぐきに載せただけなので、

口の中でとても不安定で違和感を強く感じますが、インプラントにすれば、あごの骨に直接固定れますから、失う以前の自分の歯のように使えます。

人工の歯で噛む振動がそのまま骨に伝わり自然な体の一部のように感じることができます。また歯が抜けてしまうとその後、歯根が埋まっていた顎の骨もだんだん少なくなっていき、顎の骨もやせてしまいますが、この点もインプラントにすると、骨の減少を防ぎ、かえって骨の代謝を促し、健康な顎の状態の維持につながります。

 

当院では、ストローマン(スイス製)・ノーベルバイオケア アクティブ(ドイツ製)・POI(日本製)のインプラントを使用しています。