矯正治療

歯並びが悪いと、かみ合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。

治療がすめば、健全な咀嚼機能と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

歯並びが悪いと

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • よく噛めない(そのため胃腸障害が起こる)
  • 顎の成長、顔かたちにも影響する。
  • 口元が気になる。(コンプレックス)
  • 発音しにくい

 

悪い歯並びとは

上顎前突(出っ歯)

上の歯が前に突き出ているので、よくかめないばかりか意識していないと唇が閉じられない状態です。

よって見た目も良くありません。前歯をよくぶつけたりします。これは遺伝によるもの、指しゃぶり(指吸い)舌のくせ、唇をかんだりする癖や、鼻の病気、扁桃腺による口呼吸が原因します。

 

 

過蓋咬合(深いかみ合わせ)

かみ合わせたとき、下の前歯がみえないような、かみ合わせが極端に深い状態で、歯ぐきに炎症を起こしたり、下の前歯に負担がかかったりし、顎関節症になる可能性があります。

遺伝、舌をかむ癖、下の顎の成長不足が原因です。

 

 

そう生(乱くい歯・八重歯)

歯が重なりあって、口の中がでこぼこしています。歯磨きもしにくく、ムシ歯にもなりやすいのです。

遺伝によるもの、ムシ歯により乳歯が早く抜けた(抜いた)り、ムシ歯がたくさんあったりして永久歯の生える場所をロスしたり、かむことの不足による顎の発育不良が原因です。

 

 

反対咬合(受け口)

下の歯が上の歯より前に出ているので、よくかめません。

顔つきも顎がしゃくれた感じになり、サ行、タ行などの発音が不明瞭になり、聞き取りにくい話し方になってしまいます。

西洋人に比べると、日本人に多く見られます。遺伝によるもの、永久歯への生え変わりがスムーズに行なわれなかった場合、鼻の病気、舌の癖、舌が大きい、舌小帯(舌のつけ根のひだのこと)が原因です。

 

当院の矯正治療

ワイヤー矯正

  • 便宜抜歯はしません
    (スペースを確保するための抜歯)
  • 目立ちにくい白い金具とワイヤーで治療します
    (デーモンシステム:右写真参照)
  • 「なぜ歯並びが悪くなったのか」を考え、治療後も適切なアフターケアをいたします
  • 歯並びの予防プログラムを実施しています
    (詳しくは歯並び予防をご覧ください)

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正はインビザラインというアメリカで開発されたマウスピース矯正が有名ですが、当院ではクリアライナーという新しく開発されたマウスピース矯正を行っております。

マウスピース矯正は従来の針金を使用した装置の代わりに、透明なプラスチック製のマウスピースを長期間装着することによって歯列を矯正します。

基本的に食事中と歯磨き以外の時間はマウスピースを装着していただきます。透明のマウスピースなので人前で装着していても外見上ほとんど分かりません。

1つのマウスピースで、コンマ数ミリの歯を動かし、2週間ごとにマウスピースを交換品しながら治療を進めていきます。

従来の矯正装置の外観を躊躇されている方にはお勧めの歯列矯正です。

 

マウスピース矯正の特長 

  • 目立たないので口を開けた時にも気にならない
  • ワイヤー矯正よりも費用が安い
  • 一般矯正と比較して痛みが少ない
  • 取り外しが出来るから食事も楽々
  • 歯磨きしやすいため虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーでも安心
  • ホワイトニングも同時にできるのでトータル審美が可能