オールセラミッククラウン

セラミックの特徴は、天然歯に最も近い色調を再現でき歯肉に優しいことです。

レジンでつくる歯(保険)は限られた色調しか再現できず、変色しやすく歯肉とかぶせの境目が黒く見えてきます。メタルボンドと異なり、金属を使用しないため、 歯本来の透過性を表現できるため、最高の審美性が得られます。

また金属を使用しないため、金属アレルギーの心配はありません。

オールセラミックの特徴

  • 変色しにくい
  • 金属を使用しないので歯肉が黒変しない、金属の露出の心配もない
  • 光を適度に透過するので、天然歯に最も近い色調を再現できる
  • 歯肉にやさしくレジン歯に比べ歯肉の退縮を引き起こしにくい
  • 差し歯によく見られる歯肉が赤黒く見えることがない

 

ファイバーコア

歯の神経が細菌に感染してしまい、神経を取らなくてはならなくなってしまった場合、歯に人工的な歯をかぶせることが必要になってきます。

このとき、神経をとってしまった歯は、もろくなってしまうため、歯の補強のために神経のあった部分に土台を入れなくてはなりません。従来の治療では、この土台に金属を用いてました。この金属の土台には、いろいろな問題があります。

  • 金属が、歯よりも硬いため歯がゆらされたときに、金属の土台が壊れずに自分の歯が割れてしまうことがある
  • 金属の中の銀イオンなどが、溶け出して歯を腐食してしまう。

ファイバーコアはグラスファイバーでできています。

グラスファイバーは歯質と弾性率が近似しているため、歯のしなりに応じて屈曲しながら応力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減します。

従来のコア材料と比較すると歯根破折のリスクを減らすことが出来ます。

腐食せず歯の変色がみられません。

歯に近似した色のため審美的に有利です。

オールセラミッククラウンで修復するときなどは、ファイバーコアー用いると透明感があり、より審美性の高いものになります。

 

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、歯を表面からカバーする方法で、歯の表面にセラミックス素材の 薄いシェルを張ります。歯を白くしたい、歯の形・大きさ・歯並びを変えたい、あるいは

歯の隙間を改善したい場合に有効な治療です。


 

ハイブリッドセラミックス(エステニア)

コンポジットレジンの利点を有しながら、耐久性を大幅に改善した修復材です。

ハイブリッドセラミックスは、レジンマトリックスに超微粒子フィラーを高密度に充填することでレジンマトリックスを改質し、

機械的強度を臼歯咬合に耐えられるまで高めるとともに、表面性状に由来する諸性質をセラミックスに近づけたものです。

ご自身の歯に合った色合いでとても自然です。

 

セラミックインレー

セラミックの特徴は、天然歯に最も近い色調を再現でき歯肉に優しいことです。 

ご自身の歯に合った色合いでとても自然です。

ハイブリッドセラミックスより審美性に優れ、よりご自身の歯に近づける事が可能です。